リンパのめぐりを良くする方法

リンパのめぐりを良くする方法

老廃物を集めて全身をかけめぐる「リンパ液」リンパという名前はよく耳にすると思いますが、いったいどんなものなのか、簡単に説明しましょう。そもそもリンパとは、 一言でいえば、体内でいらなくなった老廃物を受け入れる収集所のようなもの。老廃物を集めて全身をかけめぐるのが、リンパ液です。血液中には、水分が含まれています。この水分を、細胞間液といいます。細胞間液は常時、毛細血管の壁からしみ出て、細胞に栄養や酸素を送る役目を果たしています。役目を終えた細胞間液は、古い細胞や血液のかけらなどの老廃物、腸管で吸収された脂肪などを取り込んで、再び毛細血管に戻ると前章でもお話ししました。このとき、 一部の細胞間液は毛細血管に戻ることなく、血管と平行して全身に張りめぐらされているリンパ管に取り込まれます。このリンパ管に取り込まれた細胞間液が名前を替えて、リンパと呼ばれるのです。老廃物を取り込んだリンパは、鎖骨下のリンパ節で静脈と合流し、最終的に尿として排せつされます。

 

全身をかけめぐっているリンパの中継地点となるのがリンパ節で、ひざ裏、そけい部、わきの下、鎖骨下、耳の後ろなどにあります。リンパ節ではリンパ球が合成され、体に侵入してきた細胞や毒素を処理し、病原体の感染から体を守る働きをしています。疲れがたまつたときなどに、耳の下のリンパ節が腫れたり痛んだりした経験を持つ人は多いのではないでしょうか。これはまさにリンパの働きによるもの。リンパ節のなかで、リンパ球が活発に働き、病原菌と闘っているために、その部分が腫れてしまうのです。疲れや運動不足、病気などで体のリズムが狂うと、リンパの流れも滞りやすくなります。リンパのなかには体外に排せつすべき物質がいっぱい含まれているのですから、本来なら、さっさと体の外に排せつしたいもの。それが滞れば、老廃物が体のなかにいつまでも停滞し、さまざまなトラブルの原因となるのは容易に想像がつくでしょう。むくみやセルライトを招いたり、肌がくすんだり、免疫力(病原菌やウイルスなどから体を守る働き)が低下して疲れやすくなるのも、リンパの停滞が原因です。


このページの先頭へ戻る