リンパドレナージュの注意点は?

リンパドレナージュの注意点は?

 

リンパドレナージュは、リンパ液の流れに沿つて行うのが鉄則です。心臓に向かって流れているリンパ液の流れを途中で止めて、突然足先に向かって流すなんてことをすれば、かえつて循環が悪化したり、老廃物が停滞したりすることにもなりかねません。基本的には下から上に向かい、 一定のリズムで行ってください。がむしやらに力を入れたり、素早く動かしすぎるのも逆効果。摩擦や刺激が大きくなり、肌に負担がかかるからです。手のひら全体で包み込むように、なめらかにゆっくりと行いましよヽつ。リンパの機能が低下している場合、マッサージ後にけだるく感じることがあるかもしれません。これは老廃物の排せつが一気に行われているためで、1?2日後には心身ともスッキりするはずです。少し、様子を見てください。

 

 

肌にいい天然素材をプラスする

 

肌質や目的に合わせて、塩ミルクにプラスアルフアの天然の素材を加えてみるのもお勧めです。塩とスキムミルクだけで作る「塩ミルク」ですが、プラスアルファの素材を加えることで、またひと味違った効果が期待できます。肌の乾燥を防いだり、ザラつきを解消したりと、加える材料を変えることで、自分の肌の悩みに合った、自分だけの塩ミルクを作ることができるのです。たとえば、乾燥肌にはコンブ、くすみが気になるならリンゴのすり下ろしを加えるなどの方法があります(詳しい作り方を紹介しています)。プラスする素材はすべて食品ですので、手軽にできるのもメリット。こんなふうに柔軟にアレンジできるのも、塩ミルクがいたつてシンプルな材料で構成されているからです。加えるものによって、香りや使用感が変わるのも楽しみです。いろいろ試して、自分のお気に入りのレシピを見つけてください。


このページの先頭へ戻る