お腹のマッサージ方法

お腹のマッサージ方法

自分ではなかなか見えにくいのですが、ヒップもセルライトが増殖しやすい要注意部分です。おしりを触るとひんやりと冷たく感じられることが多いと思いますが、これは血行が悪い証拠です。ポカポカと温まるまで丁寧にさすって、血行やりヽンパの流れを促しましょう。下半身の張りやだるさやこりも、おしりをマッサージすることで解消します。ヒップの老廃物も、そけい部のリンパ節に押し流します。

 

おしりの中心に両手のひらを置き、中心から外側、外側から脚前面のそけい部のリンパ節に向かって肉を押し流します。上から3カ所に分けて、順番に3〜 5回くり返します。手のひら全体で、内側から外側に向かってらせんの円を描くように、おしりを持ち上げます。

 

 

腹部のマッサージは、リラクゼーシヨン効果と内臓器官の活性化を促します。消化機能が高まって、食べても太りにくい体質になるうえ、便秘やガス腹の改善にも有効です。脂肪の厚くついている部分は、特に力を入れてさするとよいでしよう。下腹周りはもちろんのこと、腸の調子が気になるかたにも、お勧めのリンパドレナージュです。ただし、食事直後のマッサージは選けるようにしてください。

 

両手の手のひら全体を重ねてをおなかに当てます。手のひらを密着させて、時計回りにゆっくりと円を描きながら、おなか全体をさすります。


このページの先頭へ戻る