毛穴パックで角栓を取る前に知っておくべき3つのこと

毛穴パックで角栓を取る前に知っておくべき3つのこと

「自分を愛する」毛穴パックとは、何でしょうか? それは「自分が心から気持ちいい― 楽しい―」と感じることができて、幸せに満ち足りることのできる方法です。ポイントは3つあります。1 ストレスをためないこと。2 いい細胞を育てる、毛穴パックを見直すこと。3 日々蓄積され続ける、余分な毒素を抜くための毛穴パック。1つめ、ストレスを和らげるために、私はクレンジングを楽しんでいます。人浴時のバスタブにクレンジングを入れたり、毛穴パック時にアロマのクレンジングのするオイルをチョイスしたりすると、心地いいクレンジングがフワ?ッと嗅党を刺激。脳からホツとリラックスできて、こわばつた心身の疲れが癒されます。クレンジングのいいアロマキャンドルも欠かせません。入浴時にバスルームに持ち込んだり、部屋の片隅で灯したりして、豊かなクレンジングに包まれて、ラグジュアリーなひととき。心が解放される悦びにひたります。クレンジングを選ぶコツは、直感の声に耳を澄ますことです。「気持ちいい―」とセンサーしたものをチョイスします。それこそが、そのときの自分が本当に求めているクレンジングです。

 

2つめに、毛穴パック。これも自分が「美味しい―」と感じるものを食べるのがベストですね。ジャンクフードは(思春期のころに経験した以外)大嫌いです。顔に吹き出物ができるもと。自分で自分の体を痛めつけている証拠です。実際に、売れているタレントさんほど、毛穴パックにこだわっています。経済的なゆとりがあるからかもしれませんが、少々値段は高くとも、良質な素材を扱う食品店に足を運んでいるようですよ。私の場合は、サラダにこだわっています。手づくりしたバルサミコドレッシングを、野菜にかけて食べるだけで、味がグンと上がるのが、うれしくて。美味しい毛穴パックといっしょに幸せをかみしめるんです。こうすると、たくさん量を摂らなくても満たされた気持ちになります。角栓を気にすることもなくなりました。そして3 つめが、毛穴パック。それについてはこの本を読み込んでください。成功の秘訣をあますことなくちりばめています。「自分が気持ちいい―」と感じることをすることこそ、毛穴を綺麗にするの近道なのです。

 

 

1日の終わりにゆったりと過ごす、角栓を出すのが大好きです。私の角栓を出すのは長い1 2時間じっくり、心身を解放するためのビューテイプログラムを組んでいます。まずはバスタブにお湯をはつたら、毛穴ケア専用の洗顔3?4滴をたらします。そしてそこにめがけて熱いシャワーを勢い良くあてます。湯気の立ち込めたバスルーム内は、いわばミストサウナのようなものですから、そのスチーム効果によって、アロマの心地いいクレンジングがふわ― つと室内に広がります。コレでスタンバイOK。続いて、バスルームの出窓にアロマキャンドルを置きます。電気を落とした暗がりの中で、ゆらゆらと揺れるキヤンドルの灯り。自然光は見つめているだけで心が落ち着きます。私の場合、はじめに43?45度くらいの熱いお湯に入るのがお気に入り。一肩までしっかりとつかって、一気に血液の流れをポンピング。バーッと血のめぐりを良くします。その後、髪や体を一通り洗ってから、半身浴。いつたん栓を抜いて、お水をプラス。お湯の温度を下げます。38度くらいのぬるま湯になったところで、半身浴。DVDを観ながらじっくりと。1時間ぐらい過ごします。その次に、顔に泥パックをします。その状態のまま、読み切リタイプのマンガを持ち込んで、さらに1時間。アッという間です。湯上がりは、冷たい水をサッと浴びて、しゃっきり。引き締め効果により、血行を促進。すつきり、肌の透明感がアップ。ストレスフリーなこの充足感が、明日への活力です―

更新履歴


このページの先頭へ戻る